北播磨のことば [ほんま]

北播磨のことば [ほんま]

ことばほんま
意味真実
用例そんとき千本杉の岩のかげから、そらまあ、山みたいなイノシシが出てきたがな。ほんま、ほんまやで。
詳細説明その時千本杉の岩の陰から、それは大きな、山のようなイノシシが出てきたではありませんか。けっして大げさに言うわけではありません、これが真実です。__相手が信じないことを分かっていて話す際に使われる場合が多い。
更新日時2013-03-06 23:38:46

操作

北播磨のことば

ナビゲーション・メニュー