北播磨のことば [きづつない]

北播磨のことば [きづつない]

ことばきづつない
意味気を使う
用例きづつない人。
何事も自分の物差しで世間を見る人。周りの人間に気を使わせているのだが、当人はそれを気付いていないことが多い。自分で自分を評して「几帳面である」、とか「神経質なの」とのたまう。
詳細説明気+づつない(食べ過ぎておなかのあたりが張って、調子よくない様子)・・・・から来たものか。
更新日時2014-07-30 23:26:17

操作

北播磨のことば

ナビゲーション・メニュー